048-521-0001
受付時間

9:00~13:00/14:30~18:30

土・日・祝日も診療中
MENU

インプラント治療

インプラント治療とは?

インプラントとは、ネジのような外見のチタン製の人工歯根を歯を失ったあごの骨に埋め込み
その上に人工の歯を取り付けることで、歯としての機能を取り戻す治療法です。

インプラント イメージインプラント イメージ

当院対応のシステム

当院は次のインプラントシステムに対応しております。

  • ブローネマルクインプラント
  • ストローマンインプラント
  • GCインプラント

当院院長 李一孝は、歯科医師を対象とした
GCインプラントセミナー公認インストラクターです。

インプラント治療をお考えの方へ

当院では1987年にITIストローマンインプラントによる部分欠損への応用、 また1989年にブローネマルクインプラント用いた無歯顎インプラント治療 (歯がすべてなくなった人へのインプラント治療)を開始しました。

現在までに約2000本のインプラント治療を24年ほど前から行っております。当時はインプラント治療といってもまだ一般的ではなく、「そんな治療聞いたことがない」とおっしゃる患者様が多く、インプラント治療をお受けになる方は少なかったです。最近では「私の場合はどんな治療がいいのですか?入れ歯かインプラントかどっちがいいですか?」と、ご相談にいらっしゃる患者様が増えています。

昨今、人体の再生医療の進歩には目を見張るものがあります。それに伴い骨の再生の研究が進み、インプラント治療も進化しつづけております。1980年代以後、現在に至るまで世界中でいろいろなインプラントが開発されております。その中から当院では現在ブローネマルクインプラントライフコアーインプラントスプラインインプラントGCインプラントなどのインプラントを使用しております。

インプラント治療にはいろいろなご意見があります。歯がなくなった方、すべての患者様においてインプラント治療が一番良いというわけではありません。正しい診査診断により決定すべきです。しかし、インプラント治療が歯科医学的に良いとか悪いとかと言う議論をする時代ではなくなりました。 インプラント治療は歯の欠損修復治療として確立されたと言えるでしょう。

私は歯科医師として患者様にいろいろな治療の選択肢をご提供できるように常に努力をしていきたいと考えており、 インプラント治療はその選択肢の一つだと思います。当院ではより正確に、安全にインプラント手術が行えるようにCTスキャンを応用した診断法を1996年から始めました。 CTスキャンは通常は大きな医科の病院にしか設置されていません。 以前はそういった病院に患者様に行ってもらい撮影をしておりました。 しかし現在では歯科用のCTスキャンが開発され、当院にも2008年4月にプレヴィスタと言うコーンビームCTが設置されました。これによりインプラントのCT撮影、手術シュミレーション検査がいつでもできるようになりました。 難症例を除き、撮影後少しお待ちいただければインプラント治療が可能かどうかご説明できます。患者様もこのCT画像をご覧になると、インプラント治療がどのようなものか良くわかると思います。インプラント治療に関心のある方はお気軽にご相談ください。

院長 李一考 写真
CT検査

インプラント治療とCT検査

インプラント治療をお考えの方へ

インプラント(人工歯根)治療の成功のためには、あごの骨の状態を詳しく調べることが とても重要です。当院では高性能歯科用CT装置が設置されており、あごの骨の断面画像を撮影し、その画像を見ながら治療の計画を立てます。シムプラントとはより安全で、無理の無い治療を受けることが出来る最新のインプラント治療計画ソフトです。

インプラント手術風景

CT検査とは?

コンピュータ断層撮影(computed tomography)の略で、X線とコンピュータを使ってからだの断面を輪切りの状態(断層画像)で見ることが出来るようにする装置です。断層画像からは体の各臓器の形態、大きさ、位置などを確認することが出来ます。

エル歯科のCT プレビスタ

日本メディカルマテリアル社の歯科用CT「プレビスタ」が設置されました。この装置で歯の形やインプラント手術するあごの骨の形を正確に診断することができます。結果としてインプラント手術の短縮や手術の安全性が高まります。このプレビスタは埼玉県では第1号機です。あわせてデジタルレントゲンシステムも導入しました。すべての治療台でCT画像をご覧になることができます。

何のために検査を行うのか

歯医者さんではよくX線撮影をしますが、これは一方向にX線を透過させただけの簡単なものです。 X線撮影をした画像で歯の様子を確認し、虫歯の様子を治療するためにはとても役に立ちます。

基本的に骨の厚みや高さが多い人はCT撮影をすることなく、インプラント手術が可能です。しかし通常直径3mm~4mm、長さ10mm~13mmのインプラントを埋める為に骨の量が充分かどうか微妙な方がいらっしゃいます。また骨粗しょう症の人など骨の中の緻密度がインプラントに適しているかどうか心配な方もいらっしゃいます。

そのような方にはインプラントの治療において、手術前にあごの骨の厚さや形、骨の質などを調べる為、CT撮影をすることにより、安全、確実、しかも短時間のインプラント手術が可能になりました。

以前は歯肉を切開した後、骨の形が悪くて手術を途中で断念しなければならないこともありました。現在はインプラントが無理な場合は手術前に判断できますし、骨がない人にどうしてもインプラント治療が必要な場合は骨の移植の為の診断もすることが可能になりました。

歯医者さんではどんな説明がありますか

当院では、コンピュータを使って画面を見ながら、患者様に適切なインプラントの種類、埋入方法、本数を決定して治療費の見積もりなどをご説明します。コンピュータの画像は、CTを撮影した画像から作り出したあごの骨の写真です。この画像ではどこでも見たい位置の骨の常態を見ることができ、当院ではこの画像を使って手術の前に計画を立てます。

CT イメージ画像
入れ歯との比較

入れ歯とインプラント治療の比較

上顎の6前歯が存在、奥歯がすべて欠損した2人の患者様で比較します。

症例1:入れ歯の場合

下の写真の患者様は、上顎(上のあご)の奥歯が両方とも欠損しています。

入れ歯の場合

この入れ歯で充分満足されている方もたくさんいらっしゃいます。
しかし奥歯が無くなった方で取り外しの入れ歯がどうしてもなじめない方がいらっしゃいます。

特に上の顎の場合は口蓋にまたがってしまう為、異物感を強く感じる傾向にあります。 義歯を入れていると、つばや食べ物が飲み込みづらい、吐き気などをもよおしてしまう方にはインプラント治療をお勧めしております。


症例2:インプラント治療の場合

こちらの患者様も同じように上顎の前歯が6本残っていました。 前歯はセラミックで治療して、奥歯はインプラント治療をされました。

インプラントの場合

左右8本のインプラントが挿入されて、9本のセラミックによるインプラント上部構造が装着されています。
インプラント上部構造にはネジで留めるタイプのものと接着剤で留めるものがあります。

この方のインプラント上部構造には薄いグレーの丸いところがありますが、この中にねじ穴があり、レジンで封鎖されております。
万一のときはネジをはずして、インプラントからセラミックの上部構造を分離して、メインテナンスすることができます。

インプラント 左インプラント 正面インプラント 右

このように入れ歯から解放されれば、吐き気で苦しむこともなくなり、快適な食生活を送ることができます。また入れ歯より発音しやすくなるので、人前でお話しする機会が多い職業の方には喜ばれております。歯がなくなった患者様が家族やお友達と食卓を囲み、同じものを何の制限なく食事をすることで精神的にも若返ることができると思います。このようにインプラント治療が皆様の生活の質を向上させる場合もあります。

治療前レントゲン治療後レントゲン

左の治療前のレントゲン写真では、上の歯がないので下の奥歯が上に出っ張りすぎているのがお分かりだと思います。
下の歯を正常であった時の形に戻さないと、上の歯を良く入れることができません。かみ合わせは上下の奥歯で構成されます。
片方が良くても片方が悪ければ、良い噛み合せにならないのです。

このようにインプラントで新しい歯を作る時は、それにかみ合う反対の歯の形が重要です。この方は下の奥歯もすべて冠をかぶせ直しました。
これで、インプラントの歯と下の新しい冠で上下理想的な噛みあわせができました。

今までの治療法との違い

歯を1本失った場合

従来の方法 インプラント
従来の方法

従来法

抜けた歯の両隣の健康な歯を削って連結しブリッジにします。

インプラント

インプラント

失った部分のみインプラントを埋入しますので、健康な歯を傷めません。

歯を多数失った場合

従来の方法 インプラント
従来の方法

従来法

健康な歯にバネをかけ部分入れ歯を固定する為違和感がありバネをかけた歯に負担がかかります。

インプラント

インプラント

失った部分のみインプラントを埋入しますので、入れ歯に比べると違和感も少なくなります。

歯をすべて失った場合

従来の方法 インプラント
従来の方法

従来法

総入れ歯を歯肉の吸着力で支えています。噛む力が弱く味覚が落ちます。

インプラント

インプラント

インプラントがあごの骨にしっかりと固定されます。がたつきがなく安定します。

使用感
インプラントは顎の骨で固定する治療法ですので、がたついたり痛みを感じたりすることが無く、天然の歯と同じ様に噛むことが出来ます。発音や発生の妨げになることが無く、入れ歯より唾液の分泌障害等起こすことがありません。
味覚
異物感がほとんどなく、しっかり安定していますので、ご自分の歯と同じ様においしく食事ができます。
審美性
バネが無いので、自然でキレイな歯並びがよみがえります。
天然歯への影響
インプラント治療は、健康な歯を削ったり支えにすることが無いのでご自分の歯を傷めることはありません。

治療の流れ

検査・診断
インプラント治療に必要な診査と診断を行い、治療計画を立てます。
一次手術(インプラントを埋入する手術)
1.インプラントを埋入する部分の歯肉を開いて顎の骨にインプラントを埋入します。
2.開いた歯肉を閉じ、縫い合わせます。
  • 一次手術が完了しました。 この後、下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月程度の期間をおき、骨とインプラントがしっかりと結合するまで待ちます。 (期間は個人差があり、骨の質によっても異なります。)
  • この間、必要に応じて仮の歯を入れますので日常生活には差し支えありません。
二次手術(新しい歯を装着する準備の手術)
1.歯肉を開いてインプラントに支台部(歯を直接支える部分)を接続します。
  • 3週間から1ヶ月において歯肉の治癒を待ちます。
  • この間、必要に応じて仮の歯を入れますので日常生活には差し支えありません。
新しい歯の製作と装着
歯を製作するために型をとり、その型に従って人工の歯を製作します。人工の歯を支台部に装着して、完成です
メンテナンス
インプラントの形をよく理解した上で確実なブラッシングを行い、歯垢や歯石の沈着を予防します。3ヶ月から半年に一度は定期的に検診を受け、インプラントの状態を見てもらいます。

インプラント治療のQ&A

インプラント治療はどんな人に適していますか
食べ物がおいしく食べられない、発音・発声に不便を感じる、入れ歯を使用すると異物感や痛みを感じる、どうしても入れ歯を入れたくないなどという方におすすめします。年齢的には顎の骨が完成する20歳前後から、健康な方なら基本的にはどなたでも可能です。ただし、妊娠中の方、全身疾患のある方などは制限される場合がありますので、担当医にご相談下さい。
手術時に痛みはありますか
手術は局部麻酔をして行いますので、痛みに関してあまり心配はありません。
入院が必要ですか
入院の心配はほとんどありません。通院で治療が可能です。
治療期間はどのくらいですか
4ヶ月から6ヶ月程度です。個人差がありますので詳しくは担当医にご相談ください。
治療終了後、気を付けることはありますか
つねに口の中の衛生状態を良好に保ってください。定期的に検診を受け、担当医や衛生士の指導に良く従っていただくことも大切です。
インプラントの寿命はどのくらいですか
患者さんの口の中の衛生状態に大きく関係してきます。口の中の衛生状態が良ければいくらでも長持ちしますし、逆に手入れが悪いと寿命が短くなる場合もあります。
費用はどのくらいかかるのでしょうか
現在は保険治療の適用になっていません。入れるインプラントの本数などによっても異なりますので、詳しくは担当医にお聞きください。