048-521-0001
受付時間

9:00~13:00/14:30~18:30

土・日・祝日も診療中
MENU

義歯・入れ歯

義歯(入れ歯)とは?

義歯(入れ歯)とは、抜けた歯の変わりをする人工の歯のこと。
抜けた歯の状態によって部分入れ歯と総入れ歯があります。

義歯 イメージ画像義歯 イメージ画像

こんな症状があれば来院を

  • ぴったりとした総入れ歯ができないもんか?
  • とにかく痛くて総入れ歯を入れてられない
  • 総入れ歯がゆるくて食事中にがたつく
  • 食事中入れ歯が浮き上がり、入れ歯の中に物が入る
  • ごまの粒などが入ると、とても痛い
その他の症状はこちら
  • 舌の行き場所がなく、いつも口の中で総入れ歯が気になる
  • 大きな口を開けて笑うと総入れ歯がはずれる
  • 総入れ歯になってからどうも話しづらい
  • なんとなく総入れ歯の噛み合わせがおかしい
  • 左右前後の噛み合わせの高さのバランスが悪いような感じがする
  • 総入れ歯にしてから顔の感じが変わって、老け込んだ感じがする
  • 総入れ歯を入れてから唇の形が変わってしまった
  • 今の総入れ歯の「歯ならび」は、昔の「歯ならび」とぜんぜん違う
入れ歯 イメージ

治療用義歯を用いた総義歯治療

総入れ歯を作ると一口に言っても、いろいろな作り方や理論があり、治療用義歯を用いた総義歯治療というものがあります。精巧な仮の入れ歯を作って、試し期間を設けてから最終の義歯製作に移行する治療法で、義歯を二つ作る特殊な治療法です。

この場合の一回目に作る入れ歯のことを治療用義歯あるいは診断用義歯といいます。 この段階では入れ歯の大きさや歯並びを患者様のご希望に応じて修正することが可能です。 最初の入れ歯で「歯並びの見た目」「はずれない事」「かみ合わせ」が 良くできる事を確認しますので、 当然最終の入れ歯はご満足のいく状態に仕上がります。

あつらえの洋服を作るときに仮縫いをして、 お客様に着心地を確認してから仕上げをするのと似ています。 当院では治療用義歯を使った独自の技術を持っています。

歯科技工士

当院で行った治療例

総義歯
総義歯

部分入れ歯に関しても、この治療用義歯で培ったノウハウを利用しております。部分入れ歯の設計に関しては単に針金があるとかないとかではなく、 歯のなくなったところの「どての部分」にいかにピッタリ適合するかどうかが一番重要と思っております。快適な義歯を製作して、患者様の生活の質が向上するように努力しております。

治療用義歯
治療用義歯

調整の終了した上下の治療用義歯を噛みあわせて写真を撮影。患者様のご要望を入れながら、歯並びを修正し形を変えていくため通常、つぎはぎのある状態で治療用義歯の修正は終了します。左右の対称性に注目してください。人間の身体は本来左右対称なので、基本的にはどての形も左右対称で、 そのどてに装着される義歯も左右対称になるはずです。

患者様に合った義歯
ピッタリ合う義歯

どての形は人それぞれ違うので義歯の形もいろいろです。ただいくつかのバリエーションがあります。義歯の形が悪いとうまく吸着せず、がたつきがあり、はずれやすくなります。左の一番上の義歯の形は最も典型的な形です。当院では治療用義歯を使用して特殊な型取りをおこないます。これにより患者様のどてによく適合する最適な形、大きさの義歯を提供しております。